弊社について

CityPASS Staff

来た時よりも多くのものを持って帰っていただきたい。

CityPASSの私共全員にとって、この言葉は私たちの活動の本質です。

1997年にMike GallagherとMike MoreyがCityPASSを開始したとき、彼らは単なる割引アトラクションチケットだけを提供するのではなく、それ以上のものを提供したいと考えました。彼らは、1つのアトラクションだけでなく、複数のアトラクションで有意義で思い出に残る体験をしながら、お金だけでなく時間も節約できる商品を作りたいと考えました。

そして、それぞれのキャリアの多くをアトラクションと一緒に、またはアトラクションの周りで働いてきた2人の男性のパートナーシップから、CityPASSが誕生しました。

彼らが思い描いた体験を生み出すために、彼らは北米の最高の都市にある最高のアトラクションを厳選し、単体での入場料の最大半額を実現しました。彼らはCityPASSを意図的に設計し、最も人気のあるアトラクションの数を制限し、大量の調査を必要とせずに、時間を最大限に活用できる素晴らしい体験を保証しました。

CityPASSでは、水族館、展望台、テーマパーク、美術館などのアトラクションで過ごす時間によって、一緒に旅をしている人たちとのつながりや、歴史や芸術、自然とのつながりを深めることができると考えています。設計上、CityPASSは9日間という十分な時間をかけて目的地を楽しむことができるため、元を取るために必死になってアトラクションを回る必要がありません。

私共は、お客様に「来た時よりも多くのものを持って帰っていただきたい」と心から望んでおります。それが 休暇の他の部分で使う(または節約する)ことができるお金であれ、一緒に旅行している方々(またはご自身)とより長い時間を過ごすことであれ、充実した休暇体験であれ、あるいはそれらすべての組み合わせであっても。このコンセプトは、当時と同じように現在も重要であり、私たちの生活のすべてに体験がもたらす価値が高まっていることを認識しています。

家族経営を続けているCityPASSは、お客様に喜んでいただくことを第一に考えながら、都市やパートナーのアトラクションを厳選して追加し続けています。「来た時よりも多くのものを持って帰っていただきたい」この言葉は、アイダホ州ビクターというティトン山脈の西斜面に位置する小さな山間の町に本社を構える同社で働く50人以上のスタッフの心にしっかりと根付いています。